Event is FINISHED

ウィズコロナ時代のライフスタイルの提案 ~二拠点居住、リモートワーク、ローカルライフ実践Talk~

Description

東京から飛行機で1時間ちょっと。「森のまち 北秋田」で、二拠点居住、リモートワーク、ローカルライフを楽しむ人たちがいます。そんなライフスタイルを実践している方々と、その魅力について語り合います。


ウィズコロナ時代。働く場所も、遊ぶ場所も、生きる場所もひとつでなくていい。
そんな人生の選択肢が見えてくるイベントです。



【ファシリテーター】

武田 昌大さん Takeda Masahiro

都会と地方をつなぐ二拠点居住
都内でおむすび屋とお粥屋の2店舗を経営している武田さん。店舗は単なる生業ではなく、秋田と東京をつなぐ拠点と話します。都会と地方をつなぎ、地方を盛り上げていく二拠点居住について語ります。

【こんなことを聞けます】
・北秋田市×東京の二拠点居住の魅力
・都会と地方をつなぐ方法 など

〈Profile〉
シェアビレッジ村長・トラ男米プロデューサー・合同会社ANDON 共同代表。
1985年秋田県生まれ。秋田の農業の未来に危機感を持ち、トラクターに乗る男前たちを集めた若手米農家集団トラ男を結成。お米のネット販売サイトtorao.jpとtoraofamily.comを運営し、単一の農家が栽培したコメ“純米”のインターネット直販を行う。2015年春クラウドファンディングで約600万円の資金を調達し、築134年の茅葺き古民家を活用した新ビジネス 「シェアビレッジ」を立ち上げ、村長に。


【トークゲスト01】

高鳥 可那さん Takatori Kana


のびのび子育てリモートワーク
小学生のお子さんを持つ高鳥さんは、現在北秋田市でリモートワーク実践中。子育て中のママの目線で北秋田市でのリモートワークについて語ります。

【こんなことを聞けます】
・子育て世代、これから子どもと生活する人が選ぶワークスタイルあれこれ(ワーケーション、職住接近、多拠点スタイルなど)
・教育留学体験談
・ライフスタイルの変化
・秋田の教育・子育て環境の実際のところ
・都市部との生活余裕度。精神面や経費も含めて
・コロナ禍で感じている子育てや教育のこと。生徒が少ないからこそ出来たことの数々 など

〈Profile〉
30代母親。横浜で子育てをしながら、仕事と教育が両立できる2拠点居住を模索。秋田県の「教育留学」を知り、昨年小1の娘と阿仁合小学校へ短期留学をする。仕事では都内のシェアオフィスとコワーキングスペースの運営を経て、場所にとらわれず日々多様化するワークスタイルに触れる。今年の夏は子どもとゆったり向き合えるリモートワークを阿仁合で実現。秋田での豊かな生活環境と働き方の可能性もこれから発信していく。



【トークゲスト02】

益田 光さん Masuda Ko


マタギとしてのローカルライフ
マタギに憧れ、北秋田市に移住してきた広島県出身の益田さん。現在は新人マタギとして経験を積みながら、地場産物でクロモジ茶の商品化も行っています。益田さんのローカルライフから、北秋田市の魅力を探ります。

【こんなことを聞けます】
・マタギ文化の実際
・森との共生から資源利用まで
・ローカルライフの現実 など

〈Profile〉
個人事業「もりごもり」代表&打当マタギ
1994年広島県生まれ。植物や自然との共生について興味を持ち、2013年に東京農業大学森林総合科学科へ進学。樹木種子の発芽について研究。大学2年生の時に2時間だけ阿仁打当地区を訪れ、美しい広葉樹林、マタギ文化、クロモジ茶に魅せられ移住を決意。2017年3月に秋田市へ単身移住。同年に秋田林業大学校へ入校し林業のノウハウを学ぶ。2019年3月に阿仁へ転居。地元の林業会社へ就職するも3ヶ月で退職。同年6月に打当猟友会へ所属。
①本業マタギを復活させる②理想の”森業(しんぎょう)”を追究する③集落の新たな収入源をつくる、という目的で今年4月に「もりごもり」を開業。クロモジ茶「マタギのお茶っこ」シリーズを手がける。激動する四季に右往左往しながらマタギ流ローカルライフを実践している。


北秋田市案内人も登場

北秋田市のことならおまかせ!の「北秋田移住定住ネットワーク スムスム※1」の
代表 米倉 信人さんと、北秋田市役所の移住・定住支援室メンバーも登場!
後日開催するオンラインツアーの紹介や、皆さんの北秋田市についての疑問質問になんでもお答えします。

※1 ネットワークセンター スムスム
移住者や元地域おこし協力隊などで構成されるグループで、北秋田市への移住・定住の促進に取り組んでいます。

【こんな人におすすめ】
・二拠点居住をしてみたい
・リモートワーク先を探している
・ワーケーション先を探している
・豊かな子育てをしたい
・恵まれた教育環境で子育てをしたい
・ローカルライフに興味がある
・地域活性化や地域課題解決に興味がある


【イベント概要】
■イベント名
「ウィズコロナ時代のライフスタイルの提案
~二拠点居住、リモートワーク、ローカルライフ実践Talk~
■日時 2020年9月5日 (土) 13:30 〜 15:30
■参加方法 
本イベントはZoom配信によるオンラインイベントです。Peatixにて参加申込いただいた方にイベント当日までZoomのイベント参加URLをお送りします。
■定員 100名
■参加費 無料
■主催 秋田県

〈プログラム〉
13:30 開会~ファシリテーター紹介
13:50 ゲスト高鳥さん紹介
14:00 ゲスト益田さん紹介
14:10 ファシリ、ゲストによるトークセッション
15:00 オンラインツアー紹介
15:15 質疑応答
15:30 閉会
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#712474 2020-08-26 08:11:36
Sat Sep 5, 2020
1:30 PM - 3:30 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット FULL
Organizer
秋田関連イベントGP
132 Followers

[PR] Recommended information